広島 声と笑顔と話し方トレーナー
現役ウェディング司会者KOMOこと
薦田裕子のブログ

ウェディング司会・プロデュース2000組の実績!
現役司会者KOMOこと薦田裕子(こもだゆうこ)【㈱Beau-Smile(ビュースマイル)代表】が
『声と笑顔と話し方トレーナー』として、あなたの人生を輝かせるお手伝いをいたします!

2017.05.07

心のおはなし

落ち込んだっていいじゃない♪


 

落ち込んだ時は
とことん落ち込んだら

良いんですよ☝️️

 

先日、スピーチトレーニングを
させていただいた

 

40代男性Aさんに
わたくし、そう伝えました。

 

 

話し方トレーナーでもあり
笑顔トレーナーの私ではありますが

 

 

無理やり笑う必要なし‼️

 

と、お伝えする事も
あるんです😊

 

 

思考と行動は
自分で、直接コントロールできるもの。

 

 

常にポジティブな思考と行動を
選べるに越した事はないけれど

 

 

できない事だってある!

 

だって
人間だもの✨✨✨✨

 

IMG_3829

 

そんな時に

 

心のモヤモヤに蓋をして
無理やり笑顔にしたり
ポジティブに振る舞ったところで

 

 

ストレスが
溜まるだけ☝️️

 

 

心と身体、両方の健康を
害する結果になっちゃう😱

 

 

では、どうしたら
ストレスを溜めることなく
ポジティブな選択が
できる状態に持っていくことが
できる???

 

 

簡単です!

 

 

ポジティブに
落ち込みを
選択する✨✨✨✨

 

 

いいんです!
落ち込んだって。

 

 

つまりね
ストレスを溜めない
健康な心身を手に入れるために

 

 

あえて落ち込みを
選択しちゃう😉

 

 

つまり
ポジティブな目的のために
ポジティブに
落ち込みを選択
する☝️️

 

 

どうです!この考え方
めちゃくちゃポジティブでしょ(笑)

 

 

わたくしKOMOも
こうみえて!?
しんどくなる時あるんですよー

 

こうみえて(笑)

 

 

でも、私、人前で
落ち込んだ姿、弱さを見せることは

 

 

ほとんどない!
↑可愛げがないと
言われますが、、、性分です💦

 

 

だけど、ストレスは溜めたくない!!

 

 

そこでわたくしKOMOは
ある方法で、心を整えるのです😉

 

 

 

とことん落ち込むために
心がグルングルン揺さぶられる
泣ける音楽を用意する!

 

 

 

 

夜、車を走らせながら
一人で泣ける音楽を聴きながら
思いきり泣く😭

 

 

運転するのに疲れたら
真っ暗な海が見えるところに
車を停めて

 

 

そして又、
泣ける音楽を聴きながら
ひたすら泣き続ける。

 

もう悲劇のヒロイン気取りですよ(笑)

 

 

そうしているとね、
その時は突然来るのです、、、

 

 

悲劇のヒロインに浸っているのに
我に帰る時が😳

 

 

ふと

 

 

お腹が鳴る
蚊が飛んでくる
曲に飽きる
etc…

 

みたいな事をきっかけに
さーーーーーっと
現実に引き戻されて、、、

 

 

 

あーーーお腹空いたーーー
あっ!いつの間にこの蚊!
車に入ってきたんだろう!?
他に何か良い曲ないかな、、、

 

と、悲劇のヒロインには
あるまじき思考が湧きあがり

 

あれ。私、なに、
悲劇のヒロインぶっとるん😳
ウケるんじゃけど💦

 

 

みたいになるの(笑)

 

 

こうなると

 

不思議なことに

 

 

泣こうと思っても
泣けなくなっっちゃう😑

 

 

更には、それでも無理やり泣こうと
している自分が

 

 

滑稽に思えてきて
最後には笑えてくる😅

 

 

で、気がつくと、
心がスッキリしているの🎶

 

 

こうして、あえて
とことん落ち込んで落ち込んで
モヤモヤ感情をぜーんぶ
外に出して

 

 

自分を
ニュートラルな状態に
整える🎶

 

 

こうして
ポジティブな目的のために

 

あえて
落ち込みを選択しちゃう😆

 

ポイントは

 

落ち込み感情を
ネガティブに
解釈しない💕

 

 

という事😊✌️️

 

 

ちなみに、私の方法は

 

 

人前で自分の弱さを
出すのが
苦手な方には、
特に効果的✨✨✨

 

 

ただ、自分の弱さを
他人に見せることに
抵抗のない方は

 

信頼できる人の前で
思いきり泣くのも良いでしょう✨✨✨

 

その方が
間違いなく可愛げがある(笑)

 

 

ご参考までに💕

IMG_5561

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookでコメントする